名前:仁(じん)
生年月日:2004年3月6日
ファーム:マーシャル
性別:♂
性格:兄ちゃん(龍之介)が大好き。
いつもやりすぎて、龍之介に「シャー」と怒られている(笑)。
   何ごとにもめげない性格。

2004年4月、アメリカから輸入されてきた。そして、2004年4月30日大阪高槻のフェレショップ「ビバ・フェレット」さんに仕入れられる。しかし、長旅の疲れからか、体調を崩す(インフルエンザのような症状だったらしい)。ちなみに、この時の「仁」の名前は「シロ」ちゃんだった(獣医さまが判りやすいように勝手に付けたらしい...)
一時は獣医さんが「体力が持たないかも」というぐらいの状態であったが、店長さんの徹夜(2日)の看病で復活! しかし、後遺症が...(斜視でまっすぐ歩けない状態。耳も聞こえているかどうか...)。 しかし、ここでも驚異的な復活を果たしてくれる。(今では、全く後遺症を感じさせない。2005年2月に受けた健康診断でもオールクリア!)

2004年5月初旬、たまたま2匹目をお迎えしようと考えていた私。龍之介を連れ、龍之介とお迎えする子の相性をみるためよくお店に出没していた。
このときは、「元気なベビーをお迎えしようか?里子ちゃんをお迎えしようか?」と考えていた。正直、シロちゃんのことは気になっていたが、後遺症の件もあり、育てる自信がない。(うちには何かと病気や怪我をしてくれる「龍之介」もいるため、これ以上の出費はつらい...)

5月末、シロちゃんと一緒に入荷してきた子はみんな新しい飼い主さんのお家に行ってしまった。 同時期、うちでひきとることになるかもしれないと話が進んでいた里子ちゃん、相手の諸事情で話が消えた。
気が付くと、シロちゃんの顔が離れなくなっている自分がいた。今、お迎えしないと、後で後悔することになりそうな予感。
医療費の問題は気になるが、里子ちゃんの話が消えたその日に決心し、店長様にメールを...

  

で、我が家にお迎えされたシロちゃん。
店長さんを始め、たくさんの人に愛されたことを忘れないように。そしてその愛情をいろんな人に与えられるような子に育つために「仁」と改名しました。