昭和25年認定

昭和26年認定

昭和04年1月22日出願

商標登録

広島市高須の丘に墓標と自我の銅像と共に建立

喜次郎の死後、会社は長男によって経営継続され、昭和45年(1970年)倒産後、特許・販売権を興陽産業製作所(広島市安佐北区可部東)社長横尾節子氏(旧姓津田)に譲渡され、商表名を「KOYO」として継続製造された。
その興陽産業製作所は平成22年(2010年)2月に閉鎖された。
これによって「津田式ケーボー号」の生産は終了した。

昭和35年2月29日、PTA後任会長の呼びかけで徳碑を建立
観音様の言葉     

広島県立観音高等学校の敷地内に建立

昭和33年講堂兼体育館落成記念碑
PTA初代会長
 津田喜次郎

昭和30年中国文化賞授与
昭和32年紫綬褒章授与
昭和33年紺綬褒章授与

昭和34年10月19日急死
10月27日、広島県立観音高等高校講堂にて会社・PTA合同葬儀

工場の中庭で全社員と記念撮影(撮影年不明)
前列右から4人目社長5人目長男・中列右から7人目長女

平成30年12月、工場内で使用されていた黒板が関西の蚤の市で発見

水色枠は昭和16年建設当時、赤色枠は昭和36年ごろの工場
(現在は広交タクシーの車庫)

広島市安佐北区可部駅前のポンプ
賛助企業の協力で整備された津田式ポンプ

昭和16年広島市西区南観音町に第3工場を建設(鳥瞰図)

昭和16年9月11日の官報で津田式ポンプ製作所は第一級品と認定
さらに、ひし形に大臣の商標認定を受ける

津田式ポンプ製作所からはケーボー號スイショウ號を提出
性能検査結果では津田式ポンプ製作所は高い評価を置ける

昭和14年8月11日内務省中庭で井戸ポンプの性能試験

津田式ケーボー号の分解図(英文パンフからの引用)

博物館所蔵の砲彈ポンプ

入手ルートは不明

台南国立歴史博物館

商標 砲彈
平成30年夏撮影

広島県高田恵比寿神社

昭和9年2月9日出願図

上記は大正9年9月24日初出願ポンプ図


このポンプは大正9年11月の広島市工芸品評会に出展し、高評価を受けた。それから津田喜次郎は手押し井戸ポンプの研究が始まり、昭和25年頃までに50件の井戸ポンプ関連の特許申請をした。

 

 

 

昭和10年当時の住宅地図上の広島市広瀬町
第2工場は広島市三篠町960番地
明治21年7月11日 喜次郎は広島県佐伯郡能美島鹿川村で誕生
伯父の津田家の養子となる
明治37年~大正9年 小学校卒業後、各地で職工として技術を学び、鹿川村に帰郷して工場を開く
大正9年9月24日 そこで井戸ポンプの研究開発をして、実用新案特許を申請する
津田式ポンプ製作所のモットー

「賣る氣で造るな、 買う氣で造れ」

トップページへ

⇐本社・第1工場は広瀬町233番地

トップページへ

アサヒ号

大空号

サカヱ号

タカオ号

新高山

戦前に台湾へ送られた「津田式ポンプ」

町内での放水訓練、2階屋根まで届く

井戸ポンプ性能試験結果表

原紙のままのコピーですので読みずらいです

原紙のままのコピーですので読みずらいです

 

 

 

広島市西区の第三工場の
創立一周年記念碑
昭和17年11月8日


津田喜次郎社長

長女


長男

身内のM雄に不幸があった時に故人の形見分けとして、セピア色した数枚の写真が手元にあります。その中の一枚の写真が気になっていましたが、このたび大阪在住のFB仲間Yさんから報告がありました。近所の写真屋の技術面での協力もあり、薄れ掛けていた2行の説明文の全文が判明したのです。軍帽と腰にサーベルを差した日本陸軍の「牧野淸人」と二人の随行員が、台湾の高雄県(当時は阿候庁)に到着した時の様子を撮影した写真でした。ウイキぺデイアによりますと、備後国東城(現在の広島県庄原市東城町)の出身、明治28年(1895年)台湾兵站監部副官に就任しました。明治43年、陸軍少将に進級して基隆要塞司令官に着任。その後、陸地測量部長として「台彎大地形圖」の編さん作成に尽力したそうです。下記に2行の説明文を記します。 

撮影年月が『大正二年九月二日‥』とありますが、身内のM雄は大正2年12月生まれなので、翌年末頃に一家が台湾の屏東精糖所に移住しています。先の写真の牧野淸人少将が広島の出身なので、高雄県と広島県の県人同好会に列席した時の貴重な写真になります。右手後方には人力の軽便トロッコ車があり、現地の関係者は羽織袴の正装で緊張した様子がうかがえます。当時は日本統治時代の台湾ですが、なぜに故郷を離れたのか先人の胸中を考えてしまいます。後進国の製造産業発展に貢献したい、日本として台湾の手本になりたい、教師と生徒や親子兄弟の関係を目指していたかも知れません。その後は不幸にも2次太平洋戦争の戦火に巻き込まれて、台湾と日本国民に多くの犠牲を強いたのでした。1枚の写真ですが読み取ることが多くありました。

大正二年九月二日牧野陸軍少将閣下歓迎
 廣島県阿候同好會員光景

1142話)セピア色の写真の説明文が判明しました!
       ⇩引用

浄水装置 昭和8年8月24日特許
特許番号102456號

⇩広瀬神社